カジノ法案にまつわる事実

カジノリゾート カジノ法案では、認可された統合型リゾート全体の面積の3%を上限としてカジノ賭博が認められており、カジノ側は売り上げの30%を税金として政府に収めることになっています。また6000円の入場料が課されます。

候補地 当面の間、有効期間10年のライセンスが与えられるのは自治体3か所に限られていますが、有力な候補地となっているのは大阪、長崎、和歌山などです。

運営業者 米国のMGMリゾーツ・インターナショナルやマカオのギャラクシー・エンターテインメント・グループなどの大手は、日本における顧客層の拡大を目指して、そのノウハウをアピールしています。

収益 日本の観光・カジノ市場は世界でも有数の規模を誇っており、これらのカジノリゾートがオープンすれば、収益は158億ドルに跳ね上がることが予測されています。

利用者 多くの観光客が日本を訪れますが、カジノ利用者の57%は地元の日本人であることが予測されています。

Liked Liked